【Bricks】ブリックス英単語帳の口コミと評価!1と2のレベルも!

この記事では「Bricks 1・2」についてそれぞれ徹底解説していきます。

私は英語を、特に英単語力を早い時期から徹底的に強化することで、難関国立大に合格することができました。英語は単語力を底上げすることで点数を伸ばすことができる科目です。この本を使って短期間での英語の点数アップを目指しましょう!

 

「Bricks英単語帳1・2」を簡単に紹介!

・概要:英単語・熟語を掲載した頻出単語中心の単語帳

・著者:小崎充・山川修司

・出版社:いいずな書店

・レベル:Bricks1は共通テスト〜中堅私大・MARCH

・Bricks2は早慶や難関国公立大

・音声教材:あり(いいずなボイスというアプリがあります。)

>>私が模試の全国ランキングに入るまでの道のりはこちら

 

「Bricks 1」の難易度は共通テストからMARCHまで!

Bricks1には教科書に頻出の英単語が掲載されています。ですので、対応しているレベルは共通テストレベルからMARCHレベルと言えるでしょう。Bricks1に掲載されている単語は確実に使いこなせるレベルまで持っていきたいですね。

この2冊にはCEFRのレベルも表記されていたため、記載しておくと、Bricks1はCEFRのB1レベル、つまり偏差値60程度、Bricks2はCEFRのB2レベル、つまり偏差値65程度だそうです。英検や4技能試験の対策にこの単語帳を用いる場合は参考にすると良いですね。

 

「Bricks 2」の難易度はMARCHから早慶・難関国公立大まで!

早慶や中堅以上の国公立大を志望校に考えている方はBricks1だけでなくBricks2にも取り組む必要がありそうです。

以前実施されていたセンター試験とは異なり、現在の共通テストでは英語の長文問題が多いです。ですので、共通テストで得点をとるためには「この単語なんだっけ…」を減らしていく作業が非常に大切になります。この本を使ってしっかりと暗記してしまいましょう。

>>私が模試の全国ランキングに入るまでの道のりはこちら

 

Bricks英単語帳の使い方・進め方

1赤シートを使って和訳を連想できるようにする

この英単語帳の特徴として非常にシンプルであるという点が挙げられます。シンプルで見やすく、赤シートを使い和訳を隠すことができます。赤シートを使ってイメージだけでも良いので和訳をパッと思い浮かべられるようにしましょう。移動中や休み時間などのスキマ時間に繰り返し目にすると、短期間で覚えることができるでしょう。

実は大学受験の際、英文を書く機会はあまり多くはありません。英作文問題や英熟語の穴埋め問題がある程度で、英語の問題の大半は長文問題です。そこで大切になってくるのは書ける単語の数ではなく、読める・意味を知っている単語の数です。読める単語の数が多い受験生の方が圧倒的に有利だと思いませんか?

私も英単語力を上げようと思った時、初めのうちは英単語を何度も書いてはつづりを覚えるという作業ばかりしてしまいました。しかしなかなか単語力は身に付きませんでした。ところが、読める英単語を増やそうと意識し始めるとぐんぐんと知っている英単語が増えていきました。そして読めるようになった英単語は見慣れるうちに徐々に書ける英単語になっていきます。

>>私が模試の全国ランキングに入るまでの道のりはこちら

 

2アプリの音声を活用する

Bricks1・2には付属の音声データがあり、「いいずなボイス」というアプリからダウンロードすることができます。このアプリはスマホからもダウンロードすることができるため、移動中にも音声データを聞くことができますね。

共通テストになってから、英語のリスニングとリーディングの配点がどちらも100点になったことをご存知でしょうか。リスニングの勉強をするのは難しいものですよね。私も単語帳を使っているときに「この単語なんて発音するんだろう…」とよく困っていた記憶があります。ただBricks1・2には音声データがついているので、わからないときにすぐに音声で確認しておきましょう。

共通テストのリスニング対策にはBricks1までの単語で十分点数が取れるはずなので、二次試験でリスニングを使う予定のない受験生はBricks2の音声学習は必要ないかもしれません。自分の志望校に合わせて効率的に教材を使って、受験生の苦手な分野であるリスニングの点数を一気に伸ばしてしまいましょう!

>>私が模試の全国ランキングに入るまでの道のりはこちら

 

ブリックス英単語帳が終わったら次は何に取り組む?

「Bricks1」が終わったら、まず共通テストの過去問題に一度取り組んでみましょう。共通テストの問題には十分に対応できるはずです。ただし、自分の志望校の長文問題を読んだときに単語力が足りないと感じたら、「Bricks2」にも取り組むべきでしょう。取り組んでいる単語帳のシリーズを変更することは基本的にはオススメしません。以前の単語帳に掲載されていた単語をまた学び直すことになるリスクがあるからです。ですが、Bricks1を終えたあとに別のシリーズの単語帳を使用したいのであればレビューや口コミ、周囲の受験生の評判を参考にして慎重に選んでくださいね。

普通の単語帳を終えたあとであれば、同時に英熟語力も身につけることをおすすめするのですが、この本は英単語だけでなく英熟語も網羅しているためその必要がありませんね。この本の評価すべきポイントのひとつです。ですので、Brick1・2を終えた人は自分の単語力、熟語力には自信を持ってよいでしょう!ぜひ長文問題だけでなく、熟語の穴埋め問題などで力試ししてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です