英語長文supremacy至高の20題のレベルと長文の難易度、音声の使い方!

私は受験生の時に偏差値40前半で浪人をし、そこから1年で偏差値を30上げて早稲田大学に合格したものです!

この記事では「英語長文supremacy至高の20題」について、実際に中身を見ながら徹底的に解説していきます。

>>早慶の英語長文さえも「速読」するワザはこちら

 

英語長文SUPREMACYとは?簡単に紹介!

・概要:解説がとても詳しい長文の問題集

・著者、出版社:竹岡広信(大学受験プライムゼミブックス)

・レベル、偏差値:MARCH、関関同立(偏差値60)

・問題数:20題

・CDや音声の有無:アプリで無料ダウンロード可

>>早慶の英語長文さえも「速読」するワザはこちら

 

英語長文SUPREMACYの難易度はMARCHレベル!

英語長文SUPREMACYに収録されている問題は、MARCHや関関同立からの引用です。

河合塾の水準で偏差値50後半から60前半くらいの方に、最適な問題集となっています!

私が受験生の時のことを思い出すと、共通テストや日東駒専レベルと、MARCH・関関同立レベルの長文には明確に難易度の差があります。

このハードルを越えられるかどうかで、世界が大きく変わります!

難しいと感じるような英語長文が多く収録されていますが、何とか20題やり切りましょう!

>>早慶の英語長文さえも「速読」するワザはこちら

 

英語長文SUPREMACYの使い方、進め方

以下の3つのステップに沿って進めましょう!

①初見で自力で読み解く

まずはなんといっても、初見で解くことが大切です。

難しい長文も多いので、やっぱり途中で挫折してしまいたくなる気持ちも分かりますが、そこをグッとこらえて立ち向かっていきましょう。

制限時間を設けて取り組むと、少しずつ読解のスピードが上がっていくのでおすすめです!

 

②構文を全て書き込む

私が受験生の時は、解いた長文に全て構文を書き込んでいました。

この作業で偏差値40ちょっとから、早稲田の長文が読めるようになったといっても過言ではないです!

かなり大変ではありますが、英語長文SUPREMACYには構文の解説がありますから、こちらと照らし合わせると1文1文を細かく復習することができます。

読めなかった部分は「なぜ読めなかったのか」、構造まで理解しなければ伸びていきません。

>>早慶の英語長文さえも「速読」するワザはこちら

 

③丸付けをして解説を読む

自分の回答を丸付けをして、英語長文SUPREMACYの詳しい解説をじっくり読みましょう。

私もそうでしたがミスが多いとやっぱり、目をそむけたくなってしまいますよね・・・。

しかしミスを復習して、自分の弱点を補強した時に成績が伸びていきます!

「なぜミスをしたのか」というプロセスまで目を向けて、深く掘り下げて復習してください!

 

④長文の徹底的な読み込み

現役の時に偏差値が40前半で止まってしまったのは、この長文の読み込みをしていなかったのも1つの要因です。

ただ解いて丸付けをして、それで満足してしまっていました。

浪人してからは解いた長文を徹底的に読み込んで、スラスラ読めるようにするまでやり込みました。

訳せない部分が1つも無くなり、全ての英文の構造まで理解してスラスラ読めるようになったら、次の長文へと進みましょう。

>>早慶の英語長文さえも「速読」するワザはこちら

 

⑤必要であれば音読に取り組む

私自身は受験生の時、音読には取り組んでいませんでした。

「英文を読めるようにする」ことにフォーカスするのであれば、実践と同じ黙読の方が有効だと考えているからです。

しかしリスニングやスピーキングの対策としては、音読はとても効果的です。

近年は共通テストのリスニングの配点が上がり、そして英検やTEAPなど4技能試験も重要視されていますから、音読までやれると良いでしょう。

音声が無料でダウンロードできるので、その音声で正しい発音を学んで、音読してください。

正しい発音で音読をしないと、自分の誤った発音が定着して逆効果になってしまいますからね。

>>早慶の英語長文さえも「速読」するワザはこちら

 

英語長文SUPREMACYが終わったら次は?

英語長文SUPREMACYでMARCHが終わったら、MARCHレベルの過去問を解いてみてください。

そしてその反省をもとに、同じMARCHレベルの問題集に取り組むと良いでしょう。

志望校がMARCHよりも上の方は、早慶や東大・京大などを目指してステップアップしましょう。

英語長文SUPREMACYと同様に解説が詳しい、早稲田・慶應レベルの問題集といえば「英語長文ポラリス3」「英語長文ハイパートレーニング3」などが有名です。

私もハイトレ3に取り組みましたが、ものすごく難しくて挫折しそうになりながらも、何とかやり切って早稲田に合格しました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です